DVConはAccellera Systems Initiativeが

スポンサーとなり、世界各地で開催される

インターナショナル・カンファレンスです

 

Welcome to DVCon Japan 2024 !

2024年8月29日 @ TKPガーデンシティPREMIUM品川高輪口 

 

Design & Verification Conference & Exhibitionは、電子システムおよび集積回路の設計と検証のための言語、ツール、メソドロジ、標準の適用に関する最高峰のカンファレンスです。このカンファレンスは非常に技術的なコンテンツで構成され、設計と検証の技術の実用的な側面や、最先端プロジェクトにおける活用に焦点を当てています。参加者が同様の技術を参考にしたり採用したりすることで、自身の設計や検証のフローの改善が促進され、ひいては業界全体の技術水準が高まることを目指しています。

基調講演

 

日本経済新聞社

 太田 泰彦 様

 

半導体が世界を回す

 

  〜業界を取り巻く国際情勢と安全保障〜


Gold Sponsors


Silver Sponsors


Exhibitors


Coffee Lovers


Media Sponsors



ごあいさつ

皆さん、こんにちは。

 

来る2024年8月29日、東京の品川にて、DVCon Japan 2024を開催いたします。

 

DVCon (Design and Verification Conference)はAccellera Systems Initiativeがメインスポンサーとなって開催されるカンファレンスです。半導体やシステムにおける論理設計やアーキテクチャ検討、機能検証、HW/SW協調検証、アナログシミュレーション、機能安全準拠やセキュリティ検証、AIの開発フロー適用など、幅広い分野における課題解決に注力しています。IEEE標準やAccellera標準の言語、フォーマット、メソドロジなどの適用におけるベストプラクティスついて学び、議論するカンファレンスです。

 

DVConは米国において30年以上の歴史があり、日本国内においては2022年から国内開催しています。2022年はオンライン配信とオンデマンド配信での開催でしたが、2023年には対面で開催いたしました。さまざまな論文発表やチュートリアルセッション、スポンサーや出展者による展示によって、多彩かつ深い内容をお届けすることができました。聴講者、発表者、スポンサー、関係者の皆様に感謝を申し上げます。

 

DVCon Japan 2024は、品川駅の高輪口から徒歩3分でアクセスが可能な会場で開催いたします。午前中はジェネラルセッションやパネルディスカッション、午後は多くの論文発表やチュートリアルなどのテクニカルセッションで構成する予定です。同時にスポンサーや出展企業や協会による展示も開催いたします。DVConは機能検証戦略、SystemVerilogやUVM、UPF、SystemC、PSS、フォーマル検証メソドロジ、HLS、AMS、IP-XACTなど、多岐にわたる分野における最新の情報を共有し、そして議論をする場です。また参加者どうし、発表者と参加者、スポンサー、さらにはAccellera代表者らとの交流を深める場としてもご活用いただけます。

 

設計者、技術者、そして管理者の方々に、積極的にご参加いただきますよう、お願い申し上げます。会場で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。最後に開催を支援いただいているゴールドスポンサーやシルバースポンサー、サポーターの皆様、そして協賛いただいている情報処理学会、IEEE CEDA AJJCの方々に、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。

 

 

EXAMPLE TOPICS

 

▼ Verification and Validation

・最新の検証メソドロジやテストベンチ
・検証プロセス、リグレッションテストやリソースマネジメント
・複雑なデザインにおけるデバッグや解析手法
・複数言語を用いた設計と検証
・組込みシステムにおけるハードウェア/ソフトウェアの協調設計と協調検証

▼ Design and Verification Reuse / Automation

・複数の検証エンジンをまたぐ検証やバリデーションの接続性・整合性
・SoCとIP統合の手法
・AccelleraのPSS (Portable Test & Stimulus Standard)標準の適用
・IPのコンフィギュレーション管理と抽象度
・ESL言語からの高位合成や高位検証
・仮想プロトタイプ、シミュレーション、エミュレーション、FPGAプロトタイプ間の接続性・整合性

▼ Machine Learning and Big Data

・検証プロセスの最適化とその自動化
・カバレッジ指標とビッグデータ解析
・パフォーマンスのモデリングおよび解析

▼ Low-Power Design and Verification

・低消費電力設計とその検証
・クロックドメイン・クロッシングの検証
・消費電力のモデリング、見積もりと消費電力管理

▼ Safety-Critical Design and Verification

・DO-254遵守と検証
・ISO 26262における設計と検証のチャレンジ
・医療機器や工業機器における検証のチャレンジ
・要件駆動型 (Requiremenets-Driven) の検証メソドロジ
・IPの知的財産保護とセキュリティ

▼ Mixed-Signal Design and Verification

・ミクストシグナルの設計と検証テクニック
・実数 (Real Number) モデリングのアプローチ
・ミクストシグナルのUVM拡張と適用

 

CONFERENCE SPONSOR

 

 

Accellera Global Sponsors

 


 

Academy Sponsors

 

IPSJ SIGSLDM

(Information Processing Society of Japan - SIG System and LSI Design Methodology)