Design & Verification Conference & Exhibitionは、電子システムおよび集積回路の設計と検証のための言語、ツール、メソドロジ、標準の適用に関する最高峰のカンファレンスです。

 

このカンファレンスは非常に技術的なコンテンツで構成され、設計と検証の技術の実用的な側面や、最先端プロジェクトにおける活用に焦点を当てています。参加者が同様の技術を参考にしたり採用したりすることで、自身の設計や検証のフローの改善が促進され、ひいては業界全体の技術水準が高まることを目指しています。

 

DVCon Japan実行委員会では、様々な領域における実際の経験や新規性に富んだ標準規格の適用や応用などについて、論文および発表用プレゼンテーションの投稿を募集しています。トピックに関しては以下の分野における投稿を推奨していますが、これに限定されるものではありません。

 

推奨トピック分野

 

■ Verification and Validation

  • 最新の検証メソドロジやテストベンチ
  • 検証プロセス、リグレッションテストやリソースマネジメント
  • 複雑なデザインにおけるデバッグや解析手法
  • 複数言語を用いた設計と検証
  • 組込みシステムにおけるハードウェア/ソフトウェアの協調設計と協調検証

■ Design and Verification Reuse / Automation

  • 複数の検証エンジンをまたぐ検証やバリデーションの接続性・整合性
  • SoCとIP統合の手法
  • AccelleraのPSS (Portable Stimulus Standard)標準の適用
  • IPのコンフィギュレーション管理と抽象度
  • ESL言語からの高位合成や高位検証
  • 仮想プロトタイプ、シミュレーション、エミュレーション、FPGAプロトタイプ間の接続性、一貫性、整合性

■ Machine Learning and Big Data

  • 機械学習による検証・実装プロセスの最適化とその自動化
  • カバレッジ指標とビッグデータ解析
  • パフォーマンスのモデリングおよび統計解析

■ Low-Power Design and Verification

  • 低消費電力設計とその検証
  • クロックドメイン・クロッシングの検証
  • 消費電力のモデリング、見積もりと消費電力管理

■ Safety-Critical / Security-Critical Design and Verification

  • DO-254遵守と検証
  • ISO 26262における設計と検証のチャレンジ
  • 医療機器や工業機器における検証のチャレンジ
  • 要件駆動型 (Requiremenets-Driven) の検証メソドロジ
  • IPの知的財産保護とセキュリティ保全

■ Mixed-Signal Design and Verification

  • ミクストシグナルの設計と検証テクニック
  • 実数 (Real Number) モデリングのアプローチ
  • ミクストシグナルへのUVM拡張と適用

 

投稿ガイドライン

 

DVCon Japanでは、論文の投稿に伴う準備のための多大な労力と時間を削減するために、下記のプロセスを採用しています。

  • 投稿の形式は論文(ショートペーパー、2〜6頁)またはスライド(6頁のスライド+ 200字程度の概要 )で受付けます
  • いずれの形式でも日本語または英語で募集します
  • 投稿された論文やスライドはDVCon実行委員会のTechnical Program Committeeが査読し、DVConにおける発表候補として挙げます
  • カンファレンス当日のプレゼンテーション発表時間は質疑応答を含め30分間です
  • 発表用プレゼンテーションでは他の地域におけるDVConと同様に企業ロゴなどはタイトルスライドにのみ入れることができます
  • 論文もスライドも用意されているテンプレートを使用してください
  • バーチャルで開催するためプレゼンテーション発表の事前録画をお願いしています(録画のインストラクションは用意される予定です)

 

タイムライン

 

2023年2月20日 ・・・ ショートペーパーまたは簡易スライド+概要の投稿締切り

2022年4月24日 ・・・ 投稿者に採否およびそのコメントを通知

2022年5月22日 ・・・ 最終論文および発表用プレゼンテーションの締切り

2022年5月22日 ・・・ 発表者の確定およびコピーライトフォームの提出

2022年6月22日 ・・・ DVCon Japan 2023当日

 

これまで論文投稿の経験がない場合でも、優れた発表内容がある場合には、本サイトにある「Contact Us」からお問合せください。積極的な投稿をお待ちしています。

 

投稿サイト

 

論文は投稿専用サイトから投稿してください。投稿に際してはサイトへの登録が必要になります。